●WANTED●

メンバー募集‐

​●いっしょに遊ぶひと、募集中。
​ども。主宰です。
 
わむでは常にメンバーを募集しています。
条件は「遊ぶ時に全力で遊べる人」、それだけ。
初心者でもいい。ベテランでもいい。挫折した奴でもいい。
若いヤツでもいい。年寄りでもいい。
男でも女でも、どちらでもない人でも、
会社員でも、主婦でも、学生でも、フリーターでもご隠居でも、
役者やりたいヤツでも、アクションやりたいヤツでも、
音楽やりたいヤツでも、ダンスやりたいヤツでも、
脚本書いてみたいヤツでも、演出つけてみたいヤツでも、
映画撮りたいヤツでも、企画をやってみたいヤツでも、
セットを作ってみたいヤツでも、コスプレしたいヤツでも、
歌いたいヤツも、絵を描きたいヤツも、
とにかく芸術やりたいヤツでも、エンタメやりたいヤツも、
震えるほど熱量高くてガチでやりたいヤツも、
​いやいや趣味だから月イチでゆるーくやりたいヤツも、
「やってみたい」って事があるのに、
 それができない理由があるヤツも、ただ踏み出せないヤツも、
迷うな!
いっしょに遊ぼう!
人生はまだまだ長い!
​わむは「劇団という仕組みでは出来ない事」を
形にしていく団体です。
演劇に魅せられて、劇団に入って、
取り憑かれたように芝居を作って、
いつか挫折して、または夢が風化して、
30代の半ばくらいになって、
演劇をやめてしまった人を何人も知っています。
それはそれで、誇りのある生き方だと思います。
だけど、そもそも。
表現活動って、演劇っていう遊びって、
人生の一部をすり減らさないと出来ない事でしょうか?
そういう覚悟を持たないと踏み込めないものでしょうか?
僕はそうは思いません。
もっと自由に。もっと大胆に。
いろんな価値観の人がいていい。
いろんな熱量の人がいていい。
いろんな遊び方の人がいていい。
​わむを立ち上げたのは2016年の10月1日です。
まる2年経つ現時点でメンバー数は
ありがたい事に50人を越えました。
これからもメンバーは増えていくでしょう。
例えば100人を越えたら?
200人を越えたら?
そうなればノルマなんかなくても、
劇場で公演できるんじゃないか。
全員身内だから、
脚本を書いた事ない人が、挑戦できるんじゃないか。
ダンスでもミュージカルでも殺陣でも、
「やった事ない」に対する挑戦がしやすいんじゃないか。
「失敗してもいい事」の自由を。
「分からない事ばかり」の豊かさを。
「うわー、これ難しい」の面白さを。
わむは一人一人の「やりたい」の声を尊重します。
誰かの「やりたい」が、他の誰かの「やってみたい」と共鳴する。
その共鳴が「やってみよう」に変わる。
そうやって、ひとつひとつ、楽しみが増えていく。
『出会い』の化学反応ってそういう事だと思うし、
いい大人だからできる事だとも思います。
遊ぼうよ。
​「楽しい」と出会おう。
さぁ!
芝居しよう。