​●SYSTEM●

‐ わむのシステム ‐

演劇ギルドわむでは、基本的に全メンバーが自由です。
好きな企画、好きな稽古に、好きなように参加できるのが特徴です。
また、自分で企画を立ち上げるのも自由です。(人が集まるかどうかは別として)
それぞれの稽古・企画がどんなもんか分からなくなっちゃうので、
便宜上、稽古のスタイルごとに3つのカテゴリーに分けています。​説明しますね。
h-keiko.png
k-keiko.png
s-keiko.png

●本稽古●

  

わむの一番基本的な稽古です。

自由参加のオープンワークショップです。

※初心者歓迎、飛入参加歓迎、誰でも楽しめる稽古。

主な内容はインプロ(即興芝居)を中心とした、

「人と関わる」「自分を許可する」「気付く」といった演技の基礎的な要素を

シアターゲームを通して遊びながら体感してもらう、というものが多いです。

ただ、他にもより専門的な事をやったりもしますので、

内容は『日による』としか言えません。(笑)

 

稽古の内容についても多岐に渡ります。

基本はインプロ(即興芝居)の稽古が多いですが、

・実戦型メソッド演技の稽古

・人物造形とそれを表現していく為のワーク

・フィジカルトレーニングとボイストレーニングの基礎ワーク

・逆に「ただただ笑いたい、楽しみたい」という目的のワーク

・セリフを読んでみたい。とにかく声出したい。というワーク

・台本書いてみたので試しに演じてもらえませんか?のワーク

などなど

オーダーする側は

最近の自分の問題や課題、チャレンジしたい事などから

内容を自由に決められます。

あとはそのテーマを面白いと思う参加者がいるか。

そして、そのテーマに応えられるコーチがいるか。

​「オーダーメイド稽古」という考え方

たぶん耳慣れないオーダーメイド稽古というシステム。

わむの本稽古は内容を自分でオーダーできるやり方です。

わむではtimetreeというカレンダー共有アプリを利用しており、

メンバーは全員で一つのグループカレンダーを共有してます。

そのカレンダー内で稽古内容をオーダーできます。

・稽古の日時   ・稽古の場所   ・稽古の内容

そのオーダーに対して、参加者が一定数集まりコーチが決まれば

オーダーが成立し、稽古となります。

例えば、

「平日の夜、都内なら仕事帰りに稽古できるなぁ」

「場所は割とどこでも行くから平日の昼間に稽古やってないかなぁ」

「シフト制だから曜日固定の稽古には行けないんだよなぁ」

というような悩みは、オーダーメイド稽古が解決します。

こういったワークを月に3~5回行っております。

また、オーダー稽古はオープンワークショップなので、

当日のキャンセル、遅刻、当日飛込参加、外部参加、

全部オッケーのスタイルです。

​『演劇を楽しむため』のワークスタイルです。

●企画稽古●

 

本稽古とは違ってクローズな環境(固定メンバー)で行われるワークショップです。

企画によって内容は様々で各企画者が運営を行う為、参加条件や開催時期などもそれぞれです。

​企画稽古はそのスタイルによって更に「定期型」と「単発型」の2種類に分かれます。

 

​「定期型」企画稽古 

月イチ~で開催される目的別のワークです。

参加条件は各企画によって異なります。

需要があれば誰が立ち上げてもいいので、今後も増える予定です。

現状の定期型企画は以下の4つです。

◆ふぁんふぁんカンガルー

 ⇒子供がいる俳優の為のワークでもなく、

  子供が主役のワークでもなく、

 「子供を共演者として遊べる親子の為のワーク」。

  月イチで活動中。

◆秘密結社タクラム

 ⇒「台本を書いてみたい」という人の為のワーク。

  テキストエクササイズをLINE上で行う

  在宅型ワークショップ。

  半年周期で4回のワークショップあり。

◆impro band アドリブモンキー

 ⇒ショーとしてのインプロを

  研究、実践する即興演技集団。

  都内で徐々に認知されてきている

 「即興演劇公演」を郊外でも広めていく。

◆闘龍虎舞(とうりゅうこぶ)

 ⇒「殺陣をやってみたい!」という想いだけで

  企画されたチーム。ほぼアクション初心者。

  外部ワークにも積極的に参加しながら、

  アクションとカッコいいを楽しんでいこうの会。

​「単発型」企画稽古 

こちらもクローズワークですが、

各テーマに沿って5回限定で行われる稽古です。

台本稽古などがこちらに当たり、

わむでは「外部公演をしない」という前提で、

全5回で台本を一作品仕上げる、という挑戦をします。

(メンバーが揃う日で全5回なので大体月イチペースになります)

過去には、

「銀河旋律」/ 成井豊

「紙風船」/ 岸田國士

などを行っております。

また、定期化するかの実験段階として企画する事もあり、

落語研究会なども全5回で挑戦しております。

​「→EN²」(ルートエン) 

2018年から初挑戦の企画です。

メンバーから単発型企画を集い、

市民ホールを借りて発表会を行います。

わむメンバーによる、

わむメンバーの為の、

わむメンバーの公演イベントです。

チケット販売はしません。

わむメンバーだけで50人以上いるし(2018年9月現在)

それぞれ家族や「観せたい人」を呼んだら、それなりの人数です。

役者も演出家も脚本家も裏方も、

「失敗しても大丈夫」って言える環境がある。

次のステップに行くには絶対に必要なイベントだと、

わむでは考えています。

●創作稽古●

  

原則的にノルマもなし、

稽古上の無理なスケジュール調整もない、

というのがわむの方針ですが、

それでも劇場公演が演りたい。

チケットを取る芝居がしたい。

お客様に観せたい。

そういうメンバーだけで

「作品」を作るための稽古が創作稽古です。

現状ではイベントへの出演やwebコマーシャルへの出演などが主ですが

いずれ単独劇場公演や動画作成、映画作成なども視野に入れています。

・わむの活動について     ⇒

 

​・わむのメンバー募集について ⇒